泉岳寺と浅野家

 泉岳寺は忠臣蔵で有名な四十七士や浅野内匠頭、浅野内匠頭の奥方の瑤泉院(阿久里姫)のお墓があるお寺です。

 では何故、四十七士や浅野内匠頭のお墓が江戸高輪の泉岳寺にあるのでしょうか?
 徳川家康の命によって外桜田に建立されたもともとの泉岳寺が寛永の大火事によって消失してしまい、新徳川家光の命によって新しい泉岳寺が高輪の地に建てられるとき毛利家や朽木家、丹羽家、水谷家と共に浅野家が尽力したためです
 このため泉岳寺は浅野家の江戸での菩提寺となり、浅野内匠頭は切腹した後、泉岳寺に埋葬されました。そして義士達もお殿様の側の埋葬を希望し、ここ泉岳寺に埋葬されました