忠臣蔵ってなに?

 『時は元禄15年12月14日 江戸の夜風を震わせて、鳴るは山鹿流の陣太鼓!』 と始まる忠臣蔵は主人公の大石蔵之助以下四十七人の義士が吉良上野介に対して敵討ちを行った実話を、お芝居にした話です。
 約300年推敲を重ねられてきた忠臣蔵は今、私たちが知っている形になっています。

主要登場人物・役職名

 赤穂浅野家:現在の兵庫県赤穂市を本拠とした大名家
 浅野内匠頭:赤穂浅野家藩主
 大石内蔵助:赤穂浅野家筆頭家老
 吉良上野介:吉良家当主、高家筆頭
 徳川 綱吉:5代将軍
 勅使供応役:天皇の使者を江戸城でもてなす係
 高  家 :儀式、典礼を司る役職

ことのはじまり

元禄14年(1701年)浅野内匠頭は勅使供応役を仰せつかっており、高家筆頭の吉良上野介から指示を受けていました。しかし指示だけでなく、様々な嫌がらせも受けました。我慢に我慢を重ねていた浅野内匠頭も堪忍袋の緒が切れ、3月14日江戸城内松之廊下で吉良上野介を斬り付けてしましました。
 当時の法律では喧嘩両成敗が基本でしたが、徳川綱吉将軍は赤穂藩を取潰し、浅野内匠頭を切腹にしました。一方、吉良上野介は何の罰も受けませんでした。

浅野家藩士の苦労

赤穂浅野家では、綱吉の裁定に対し、『素直に従い、裁定の修正を運動する』、『幕府に盾突き戦争をする』、『全員で切腹をし、反抗の意思を表す』などの議論がありました。そして『素直に従い、裁定の修正を運動する』ということに決めましたが、幕府の裁断は覆されませんでした。 浅野家筆頭家老の大石内蔵助は『吉良上野介を討取り、浅野内匠頭の無念を晴らす』ことにしましたが、女の子のたくさんいるお店に遊びに行って意思の弱い人やただ何となく参加している人を討入のメンバーからふるい落としました。
 お金もなく毎日の生活も困窮する中、我慢し続けた義士は47人でした。

討入り

 浅野内匠頭切腹から1年10ヶ月後の元禄15年(1702年)12月14日夜、赤穂義士は吉良邸へ討入りました。 義士たちは山鹿流の兵法に従い、表門と裏門から同時に攻入りそして3人一組で吉良上野介を探しました。物置小屋にかくれ潜んでいた吉良上野介を夜明け前になって見つけ出し、討取ることができました。
 そして赤穂義士は泉岳寺にある浅野内匠頭の墓前に吉良上野介の首を供え、討ち入りが成功したことを報告しました。

その後

 幕府は寺坂吉右衛門を除く46人の義士を細川、水野、松平、毛利の4つの大名に預け、助命か打首か、悩みました。 将軍綱吉も助命に傾いていましたが、討入から約2か月後、元禄16年(1703年)2月4日、赤穂義士は切腹しました。そして、遺言に従い、浅野内匠頭の墓の近くに埋葬されました。


 ところで題目の左右のマークはなんのマークだかわかりますか?
右側の渦巻状のマークは「二つ巴」といって大石家の家紋です。 そして左側の×印の様なマークは「丸に違い鷹の羽」といって浅野家の家紋 大石内蔵助が持っている陣太鼓には二つ巴が入っているのはそのためなのです。